ホメオパシーとは?

最近人気が高まる、体に負担がかからない、ナチュラルな療法「ホメオパシー」とは、一体どんなものなのでしょう?

200年前にヨーロッパで生まれたホメオパシー!

ホメオパシーは、200年前、ドイツ人医師ハーネマンによって作られました。自然界にある植物、動物、鉱物などを原料に作られた砂糖玉「レメディー」を口からとる療法です。

レメディーは、自然治癒力を触発することによって、自分自身の力で症状を改善していきます。薬のように副作用がないため、子供さんや妊婦さんもペットも、安心してお使いいただけます。

ホメオパシーは世界各国で愛用されています!

ホメオパシーは、日本ではまだ歴史が浅く、認知度は低いですが、ヨーロッパやインド、南米などでは広く市民に愛用され、その利用者は10億人と言われています。

日本の”漢方”のような存在です。

とりわけ、英国王室はホメオパシーを保護しており、エリザベス女王の主治医はホメオパシー医。
また、ベッカムやティナターナー、オーランドブルームもホメオパシーの愛用者であることが知られています。

ホメオパシーは同種療法です!

ホメオパシーは日本語で、”同種療法”と訳されます。
熱には熱を引き起こすものを与え、熱を押し出すことで改善へと導きます。

実は日本は古来より、同種療法を用いていました。
熱があるときには、より熱が出る卵酒を飲んだり、
喉がヒリヒリするときには、よりヒリヒリする生姜を取ったり。。。
同種の法則は、人類が古来より育んできた知恵なのです。

レメディーは希釈振盪して作られます!

ホメオパシーでは、自然界にある植物、動物、鉱物を、希釈振盪(きしゃくしんとう)して作ります。
希釈とは、薄めること。振盪とは、叩くこと。
レメディーは、”宇宙に涙一粒分”と言われるほど、物質を薄め(希釈)るのですが、その過程で、降る・叩く(振盪)することによって、その物質のもつエネルギーを引き出していきます。そしてそれを、砂糖玉に垂らし、作られたものをレメディーと呼びます。

レメディーを舌下に入れ、溶かすことで、それが神経を伝わり、自己治癒力にスイッチが入ります。

好転反応とは?

現代医学は、解熱剤、咳止め、下痢止め、痛み止めと、症状を抑えることを目的としています。

一方ホメオパシーは、熱も、咳も、下痢も、痛みも、老廃物を出しているのだから、それらの症状を出し切ることによって、改善へと導くことを目的としています。

その症状を押し出す過程が、好転反応です。
いわゆるデトックスです。

好転反応があるからこそ、あらゆる症状が改善していくのです。

慢性の症状がある方は健康相談会がおススメです!

アトピー、喘息、アレルギー、繰り返す頭痛や生理痛など、慢性の症状がある方は、ホメオパシーの専門家「ホメオパス」の、健康相談会がおススメです。

健康相談会では、たっぷり時間をかけ、あなたの症状をお聴きし、その病気の原因を探り、あなたに合ったオーダーメイドのレメディーをお作りいたします。

病気の原因には、心の問題が大きく関わっています。

私たちは、症状があるその一部分だけを見るのではなく、体全体をトータルでみて、さらに心のことも深くみていきます。
それによって、症状が改善するだけでなく、生き方・あり方が大きく変わり、人生が変わり、心が豊かになっていきます。

ご家庭でできることは?

風邪、熱、鼻水、咳、また怪我ややけど、捻挫といった急性の症状は、ご家庭でのセルフケアが可能です。

また、健康相談会を受けた際に現れる、好転反応を乗り切るためにも、セルフケアの知識は欠かせません。

ホメオパシーを始めるための基礎知識として、まずこちらの無料のメールセミナーを、お読みください!

『薬に頼らない生活を始めよう!Happyになるためのホメオパシー入門』

そして、急性の症状に家庭で誰もが対応できるように、ホメオパシーのセルフケアを学ぶには、ゼロから学ぶオンライン講座が大変おススメです!

フルサポート講座

ご質問・お問い合わせはこちらのフォームより受け付けております。

お問い合わせ

工藤聖子ブログ

Schedule

2021年8月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031